借金返せない時の解決策

TOP PAGE ⇒ 「私は多数の消費者金融からお金を借りていたの」

私は多数の消費者金融からお金を借りていたの

私は多数の消費者金融からお金を借りていたのですが、返すことができなくなって、債務整理することになったのです。



債務整理にも色々な方法があり、私が行った方法は自己破産だったのです。

自己破産した後は借金返せないが清算され、気持ちが楽になりました。過去に債務整理をした情報は、一定期間残ります。
この情報が残ったいる期間は、借金返せないができないでしょう。


情報は何年か経てばいずれ消去されますが、それまでは誰もかれもが見ることが可能な状態で保持されています。
自己破産のプラスとなることは責任が免除となれば借金の返済義務から逃れられることです。借金返せないの返済方法に悩んだり、金策に走り回らずにすみます。


特に財産があまりない人にとっては、借金返せない返済で手放さなくてはいけないものが少しなので、良い部分が多いと思われます。
住宅ローン申請をしてみるとどうなるかというと、利用することはできません。

債務整理をした場合には、その後の数年間は、お金を借りることができなくなって、信用情報に載ってしまうのです。しばらくお待ちください。
債務整理をしても生命保険をやめなくて良いことがあるのです。任意整理をしたとしても生命保険をやめる必要はありません。注意すべきなのは自己破産をする際です。

自己破産をすると生命保険を解約するように裁判所によって言われる場合があります。



何社かの金融機関からの借り入れや複数のカードで借入をしていると月々の返済額が大きくなり経済的な重荷になってしまう場合に債務整理で借金返せないをすべてまとめて一本にすることで月々の返済金額を相当金額少なくすることができるという大幅なメリットがあるというわけです。
自分は個人再生をしたために月々にかかる住宅ローンの支払いがとても軽くなりました。


それまでは毎月支払うのが困難だったのですが、個人再生によって債務が軽くなったので相当返済金額が減り、生活に余裕が生まれました。


勇気を出して弁護士に相談して良かったと心から思っています。個人再生を行おうとしても、不認可となってしまうケースがあったりします。

個人再生をするためには、返済計画案を提出しなければなりませんが、これが裁判所で認めてもらえないと認めてもらえません。当たり前ですが、認可がおりなければ、個人再生は不可能です。個人再生手続きのやり方ですが、これは弁護士にお任せするのが一番スピーディーです。

弁護士にお任せすることで、大部分の手続きを任せられます。
その間に裁判所へ行ったり、債権者とのやり取りをする場合もありますが、大変なことは全て弁護士に頼ることができます。全ての借金返せないをなくすことのできるのが自己破産制度となります。


借金で苦しんでいる人には喜ばしい助けの手ですよね。ですけど、メリットばかりではありません。当然のこと、デメリットもございます。家や車などの財産は全部放棄してしまわなければなりません。さらに、およそ10年はブラックリストに登録されてしまう為、新しく借金返せないは出来なくなります。

関連記事


Copyright (C) 2014 借金返せない時の解決策 All Rights Reserved.

TOP
PAGE